トマトジュースは栄養価が高くて健康効果が高いことで有名ですが、具体的にどのような飲み方が良いのか、タイミングはいつが効果的なのかを知らない人は意外と多いと思います。

トマトジュースには健康効果が上がる飲み方がある?秘密はリコピンに

たくさんのトマト

トマトは昔から栄養たっぷりな野菜として認知されていて、その栄養価の高さからトマトが赤くなると医者が青くなるという言葉が生まれるほどです。

しかし、残念ながら日本はトマトをたくさん食べる国ではなく、他の野菜と比べると摂取量が少ないです。

ヨーロッパや北米諸国と比較すると料理のレシピも少ないといってよいでしょう。

トマトの栄養価を見直してみよう

トマトジュース

トマトの主な成分は水分、糖質、食物繊維、ビタミンなどがありますが、注目すべき成分はリコピンです。

リコピンは女性にとってありがたい効果をたくさんもたらしてくれる優れものです。

まずは美容効果が高いところでしょう。

リコピンを摂取することで肌の水分含有率が高まり、透明感があってもちもちの美肌になります。

美肌の条件はきめ細かいことと、肌の透明感が高いことが挙げられます。

リコピンはこの二つに対して良い影響を与えてくれます。

さらにダイエットにも効果があると言われています。

トマトは少ない量でもお腹を満たしてくれる野菜で、食物繊維も豊富に含んでます。

便秘解消に役立つ成分が含まれていて、便秘を解消することでむくみ防止にも繋がります。

立ち仕事が多い人は足がむくみがちですが、トマトを食べることでむくみを解消することが可能です。

便秘やむくみが解消すれば、ダイエットにも繋がるので良いことばかりでしょう。

これほどまでに素晴らしい栄養素を含んでいるトマトですが、嫌いで食べることが出来ないという人が多いです。

そんな人にはトマトジュースがお勧めです。

トマトジュースにすればのどごしが良く、どんどん飲み進めていくことが出来ます。

トマトジュースにしても味や香りが苦手だという人は果物で割ってみると良いです。

今は果物とトマトを一緒にしたジュースなどもたくさん売っているので、そういった商品を購入するのもありだと思います。

朝、時間に余裕があるという人は、朝食に新鮮なトマトとりんごなどをミキサーに入れて、フレッシュなジュースなどを作ると気持ち良く1日をスタートできます。

トマトジュースで健康的な生活を送る

朝食と一緒に飲むトマトジュースのイメージ

トマトジュースはリコピンなどの美容成分の他にも、ビタミンやミネラルなども豊富に含んでいます。

朝にビタミンやミネラルを摂取することで体全体がリフレッシュして、一日のスタートを気持ちよく切ることができます。

トマトジュースはいつ飲んでも効果は高いですが、お勧めの飲み方は朝食と一緒に飲むという方法です。

朝から色々食べたり飲んだりするのは苦手だという人には、10時頃にトマトジュースを飲むという飲み方もあります。

最近は朝食を抜いてもそこまで大きな問題はないというデータも出ています。

ですが、昼食まで何も体に入れないのは少し問題があるので、10時頃にトマトジュースを飲むというのは健康的です。

トマトジュースは健康面でもたくさんメリットがあるので、いくつか紹介していきます。

まずは血圧を下げる効果があります。

加齢とともに血管は収縮機能が弱くなっていき、固くなっていきます。

そこにストレスや暴飲暴食などが重なると命を落とす危険性も高くなるので、あまりに高い血圧は健康上良くないと言われています。

なので、高血圧の人はトマトジュースを飲んで健康を維持するようにしましょう。

最近流行している糖質制限ダイエットですが、これは短期間で痩せたい人にはお勧めですが、健康的にリバウンドすることなく痩せたい人にはあまり向いていないダイエット方法です。

ダイエットで大事なのはカロリー計算と血糖値のコントロールです。

カロリーに関しては理解している人が多いですが、血糖値に関してはまだまだ知らない人が多いです。

ごはんやパン、麺類などは美味しいですが、血糖値が一気に上昇してしまうので注意が必要です。